合宿免許の仕組みとは

###Site Name###

合宿免許の仕組みは、自動車教習所の閑散期をうまく埋めて効率的に運営するところにあります。自動車免許の取得はほとんどの社会人にとって必須アイテムですが、免許を取得するためには、かなりの時間が必要となります。

しかし、一般的に、昼間の時間帯は仕事に行っていたり、学校に行っていたりしますので、教習所に行くとすれば夜間や休日しかありません。

そのため、自動車教習所が主に稼働する時間帯も夜間や休日だけになりますので、稼働時間が非常に限られてしまいます。

特に、講師などの人件費は固定経費としてかかってきますから、可能な限り稼働した方が経営的には安定することになります。



そのために考え出されたのが合宿免許なのです。


合宿免許は、教習の予約が入って混雑する夜間や休日をさけて、予約が入りにくい時間帯に集中的に教習を行います。

受講生にとっても、短期間で免許が取れることは望ましいですし、その上、金額も安く、宿泊代や食事代もパックになった料金で、非常に参加しやすい金額設定になっています。



何と言っても、参加すれば、数週間での免許取得が確実ですから助かります。

自動車の運転のような運動神経や反射神経が必要となるものが苦手と言う人の場合でも、毎日集中的に教習を行いますから、自然と体が覚えるようになります。
通常の教習所であれば、講習を予約しても次々に入ることはできませんから、一度教習を行っても、次の教習までに忘れてしまって、結果的に長い期間がかかってしまうことになります。

このように、合宿免許では、教習所における空き時間を効率的に活用しているため、低価格の集中教習が可能になっているのです。



ある程度まとまった休みがとれて、安く自動車免許を取得したいという人には、合宿免許はうってつけです。
また、合宿免許の場合、ほとんどが合宿免許のためでなければ行くことがないような田舎町であることが多いため、旅行気分で訪れることもできますので、いい経験になります。