合宿免許にてマニュアル免許取得

###Site Name###

大学1年の春休みを利用して、友人と二人で二週間の合宿免許講習に参加しました。


合宿免許は大学生や、大学が推薦で決まっている高校生などが多く利用しています。


なにより金額が通いの講習より安いこと、決まった期間にみっちり頭に叩き込むため、合格しやすいことなどがメリットとしてあげられます。



私は大学が斡旋していた合宿所に行ったため、場所は選べず山形に行きました。費用はマニュアルの免許で約22万円です。

合宿免許の場合、教習所で決まった施設へと滞在することになります。

どの施設に滞在するかは自分で選択する事が出来、一人で参加する場合はホテル、二人以上で参加する場合は共同生活用のマンションを選ぶ人が多いです。

私は友人と二人で参加したため、共同生活用のマンションを選択しました。

二週間友人との共同生活を楽しむことが出来るので、そういった点でもとても良い経験ができると思います。



参加される場合は是非友人と一緒に、共同生活されることをオススメします。


滞在場所から教習所まではわりと距離があるため、毎日マンション前に送迎バスが送り迎えをしてくれます。

合宿免許では本当に免許取得だけを目的とした時間をすごすため、それ以外にすることは特にありません。
現地で親しくなった人と買い物に行ったりカラオケに行ったりすることも出来ますが、基本的には教習を受けて、帰ってきてから夕飯の買出しへ行って、夕食を食べて就寝。



そしてまた次の日には教習所へ…といった毎日の繰り返しです。

また合宿免許でのデメリットは、教習所が地方にあることが多いため、教員の方言が分からない事です。なかには標準語で話してくれる教員もいらっしゃるのですが、大体の教員がその現地滞在の方なので、わりと方言がキツイです。

私は山形での合宿免許だったので、方言がキツイ教員との仮免許運転になった時は、怒られている意味が分からなくて、ただ怖いと思った記憶があります。しかし二週間みっちり内容を詰め込むため、頭に入りやすいですし、仮免許の合格率もとても高いです。